CD

アンサンブル・ノットゥルナ

Forgotten Chamber Works with Oboe from the Court of Prussia

  • [EU輸入盤]

¥ 1,908(税込)

  • POINT : [通常ポイント]1.0%ポイント獲得!
  • RELEASE DATE : 2018/6/15
  • NUMBER : 1907582155-2
  • LABEL : 輸入盤
  • 商品内容

    アンサンブル・ノットゥルナ/ プロイセン宮廷のオーボエを伴った忘れられた室内楽作品集フリードリヒ大王の宮廷に満ちたギャラントで優美な楽の音。[EU輸入盤]

    バロック・オーボエ奏者のクリストファー・パラメータを中心に、新しいレパートリーを開拓してる「アンサンブル・ノットゥルナ」。このアンサンブルはこれまで、バッハとその息子たちの間の世代、プロイセンの宮廷楽団にあって作曲家としてかなりの人気を博したと目されるヨハン・ゴットリープ・ヤニチュ(1708-1763)の室内ソナタ集のアルバム3枚を発売していました。このDHMから発売の最新アルバムは、そのヤニチュと同時代にプロイセン宮廷で活躍したクリスティアン・ゴットフリート・クラウセ(1717-1770)と、ヨハン・ゴットリープ・グラウン(1703-1771)の作品を収録したものです。ヤニチュは1736年に皇太子フリードリヒ(後のフリードリヒ大王)の私設楽団の一員となり、その後ラインスベルクに移り有名な「金曜アカデミー」を開始。1740年にフリードリヒ即位に際して再結成された楽団の首席ヴァイオリン奏者として活躍し、ベルリンで生涯を送りました。ヤニチュはC.P.E.バッハやクヴァンツなどの音楽家とともに宮廷舞踏会などのために作曲依頼を受けるなど、当時高い評価を受け多くの著名人から支持を集めていました。これらの作品は華やかで優美なギャラント様式で書かれており、この室内ソナタでは独特な楽器編成によって、斬新で色彩感に富んだ音色を生み出しています。彼らの演奏は、「全ての楽器が美しく奏されていた完璧な音のバランス。それぞれは音を支配することなく、音楽対話がなされた芸術である」と高い評価を得ています。

    【収録予定曲】
    1. ヨハン・ゴットリープ・ヤニチュ:四重奏によるソナタ 変ロ長調 Op.6
    2. クリスティアン・ゴットフリート・クラウセ:トリオ・ソナタ ニ短調 ICK.7
    3. ヨハン・ゴットリープ・グラウン:五重奏曲 イ短調 GraunWV Av:XIV:14
    4. ヨハン・ゴットリープ・ヤニチュ:トリオ・ソナタ ト長調 Op.deest
    5. ヨハン・ゴットリープ・ヤニチュ:トリオ・ソナタ イ短調 IJJ.27

    【演奏】アンサンブル・ノットゥルナ (ピリオド楽器アンサンブル)
    〔Christopher Palameta (オーボエ&指揮)、Jan Van den Borre (フラウト・トラヴェルソ)、Catherine Martin (ヴァイオリン&ヴィオラ)、Emily Robinson(チェロ)、Brice Sailly (チェンバロ)〕

    【録音】
    2017年6月、ドイチュラント放送、カンマームジークザール

  • 配送に関する注意事項
    [輸入盤・注意事項]  輸入盤の為、以下の注意事項がございます。予めご了承ください。
    ※発売日は変更となる可能性がございます。 ※発売日は決定後このページに掲載し、発売日からの出荷となります。
    ※円相場により販売価格が変動する場合がございます。 ※収録内容及び仕様内容が急遽変更となることがございます。
    ※商品に擦れや折れなどがある可能性がございます。 ※実際のジャケット写真と異なる場合がございます。
    ※お届けまでに時間がかかる場合がございます。 ※諸事情により、商品の提供が出来なくなる場合がございます。