CD

ブルーノ・ワルター

モーツァルト:交響曲第39番、第40番&第41番「ジュピター」(1953/56年録音)

  • 【期間生産限定盤】

¥ 1,080(税込)

  • POINT : [通常ポイント]1.0%ポイント
  • RELEASE DATE : 2016/09/21
  • NUMBER : SICC-2062
  • LABEL : SONY CLASSICAL
  • 商品仕様
    【期間生産限定盤】
    ■新規ライナーノーツ
    ※2018年3月31日までの期間生産限定盤です。期間終了後は在庫がなくなり次第終了となります。
  • 特典
    【先着購入特典】ソニークラシカル名盤コレクションポストカード
    ※ご購入頂いた方に先着でプレゼントいたします。特典がなくなり次第終了となりますので、お早めにご注文ください。
  • 商品内容

    ソニー・クラシカル名盤コレクション1000 [56]

    一時代を築いたワルター&NYPのモーツァルトはまさに絶品。
    ■これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ!カザルスから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で2回に分けてリリースするシリーズが2016年も登場。
    ■ナチスが台頭するヨーロッパを離れ1939年にアメリカに亡命したワルターが亡くなるまで最も深い関係を保ったオーケストラがニューヨーク・フィルで、1947~49年にかけてはミュージック・アドヴァイザーを務めている。このコンビがソニー・クラシカルに残した録音は、いずれもワルターの心技ともに最も充実した姿を伝えているが、このモーツァルトの後期三大交響曲も例外ではない。大編成のオケを豊かに鳴らした、ロマンティシズム溢れる演奏は20世紀前半のモーツァルト解釈の究極の姿といえよう。


    ブルーノ・ワルター(指揮)
    ニューヨーク・フィルハーモニック

    [録音]
    1953年12月21日、1956年3月5日(1)、1953年2月23日(2)、1956年3月5日(3)、ニューヨー ク、30丁目スタジオ
    ADD|MONO|20ビット・マスタリング

  • 収録内容

    [DISC:1]

    1. 1.交響曲第39番変ホ長調 K. 543 第1楽章 アダージョ - アレグロ

    2. 2.交響曲第39番変ホ長調 K. 543 第2楽章 アンダンテ・コン・モト

    3. 3.交響曲第39番変ホ長調 K. 543 第3楽章 メヌエット:アレグレット - トリオ

    4. 4.交響曲第39番変ホ長調 K. 543 第4楽章 フィナーレ:アレグロ

    5. 5.交響曲第40番ト短調 K. 550 第1楽章 モルト・アレグロ

    6. 6.交響曲第40番ト短調 K. 550 第2楽章 アンダンテ

    7. 7.交響曲第40番ト短調 K. 550 第3楽章 メヌエット:アレグレット - トリオ

    8. 8.交響曲第40番ト短調 K. 550 第4楽章 アレグロ・アッサイ

    9. 9.交響曲第41番ハ長調 K. 551「ジュピター」 第1楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ

    10. 10.交響曲第41番ハ長調 K. 551「ジュピター」 第2楽章 アンダンテ・カンタービレ

    11. 11.交響曲第41番ハ長調 K. 551「ジュピター」 第3楽章 メヌエット:アレグレット

    12. 12.交響曲第41番ハ長調 K. 551「ジュピター」 第4楽章 モルト・アレグロ

  • 配送に関する注意事項
SOLD OUT