CD

レナード・バーンスタイン

ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」&歌劇「フィデリオ」序曲

  • 【期間生産限定盤】

¥ 1,080(税込)

  • POINT : [通常ポイント]1.0%ポイント
  • RELEASE DATE : 2016/09/07
  • NUMBER : SICC-2013
  • LABEL : SONY CLASSICAL
  • 商品仕様
    【期間生産限定盤】
    ■新規ライナーノーツ
    ※2018年3月31日までの期間生産限定盤です。期間終了後は在庫がなくなり次第終了となります。
  • 特典
    【先着購入特典】ソニークラシカル名盤コレクションポストカード
    ※ご購入頂いた方に先着でプレゼントいたします。特典がなくなり次第終了となりますので、お早めにご注文ください。
  • 商品内容

    ソニー・クラシカル名盤コレクション1000 [11]

    熱いエネルギーが噴出する若きバーンスタインの「第9」。
    ■これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ!カザルスから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で2回に分けてリリースするシリーズが2016年も登場。
    ■バーンスタインは1960年代に、当時音楽監督を務めていたニューヨーク・フィルと、ベートーヴェンの交響曲全曲を録音した。この《第9》もその中の1曲である。後年バーンスタインは、アメリカからヨーロッパへと活動の中心を移し、演奏にも円熟味をくわえてゆくことになるが、この60年代のベートーヴェンでは、バーンスタイン最大の魅力である、エネルギッシュにほとばしり出る若々しさがそのままに聴ける。ジャケットはバーンスタインのシルエットを捉えた初出LPのもの。


    マーティナ・アーロヨ(ソプラノ)
    レジーナ・サーファティ(メゾ・ソプラノ)
    ニコラス・ディ・ヴイルジリオ(テノール)
    ノーマン・スコット(バス)
    ジュリアード合唱団(エイブラハム・カプラン指揮)
    レナード・バーンスタイン(指揮)
    ニューヨーク・フィルハーモニック

    [録音]
    1964年5月18日、ニューヨーク、マンハッタン・センター(1)、1967年1月10日&31日、 ニューヨーク、エイヴリー・フィッシャー・ホール(2)
    ADD|20ビット・マスタリング

  • 収録内容

    [DISC:1]

    1. 1.交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」/第1楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ、ウン・ポコ・マエストーソ

    2. 2.交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」/第2楽章 モルト・ヴィヴァーチェ

    3. 3.交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」/第3楽章 アダージョ・モルト・エ・カンタービレ

    4. 4.交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」/第4楽章 プレスト

    5. 5.交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」/第4楽章(続き) レチタティーヴォ

    6. 6.歌劇「フィデリオ」序曲 作品72b

  • 配送に関する注意事項