CD

仲道郁代

ショパニズム

¥ 3,024(税込)

  
  • 送料無料
  • POINT : [通常ポイント]1.0%ポイント
  • RELEASE DATE : 2010/02/03
  • NUMBER : SICC-1326
  • LABEL : アールシーエー レッドシール
  • 商品内容

    ※こちらの商品は送料無料にてお届け致します。

    ショパン生誕200年記念リリース
    ベートーヴェンのソナタ32曲制覇を経て辿りついた新たなショパンの世界。仲道郁代16年ぶりのオール・ショパン・アルバム。
    2003年~06年の「ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集」を経て、16年ぶりに仲道郁代が録音した待望のオール・ショパン・アルバム。仲道はそのキャリアの最初期から繰り返し取り上げ、ピアノ協奏曲2曲を含むソロ・アルバム7枚分を録音。ここ数年はNHKのドキュメンタリー「ピアノの詩人ショパンのミステリー」「名曲探偵アマデウス」への出演や、「仲道郁代 ショパン鍵盤のミステリー」というレクチャー・コンサート・シリーズの全国展開など、「ショパン弾き」としての仲道のイメージを強く浸透させている。今回は、これまで敢えて録音を避けてきたエチュード6曲(「革命」「別れの曲」の2大有名曲含む)とマズルカ1曲に加え、最近仲道が心酔しショパンの最高傑作と位置づける「幻想ポロネーズ」を中心に構成。バラード第1番と第3番の20年ぶりの再録音も含めショパンの生涯やポーランドの文化を探り、音楽以外の複眼的視点から作品を捉えなおしてきた仲道の充実を刻印。

    [演奏]
    仲道郁代(ピアノ)
    [録音]
    2009年9月21日~24日、笠懸野文化ホール(PAL)


    <アーティストプロフィール>
    名実ともに日本を代表する女流ピアニスト。桐朋学園高校を経て、桐朋学園大学で学び、在学中に第51回日本音楽コンクール第1位・増沢賞受賞。ジュネーヴ国際、メンデルスゾーン、エリザベート王妃国際などのコンクールに入賞。以後日本を基盤に演奏活動を開始し、ソロ・リサイタルや内外オーケストラ、ミュージシャンとの共演を重ねている。2006/07年シーズンには、デビュー20周年記念コンサートを各地で開催。



  • 収録内容

    [DISC:1]

    1. 1.ワルツ第2番変イ長調作品34-1「華麗なる円舞曲」

    2. 2.バラード第3番変イ長調作品47

    3. 3.バラード第1番ト短調作品23

    4. 4.練習曲第1番ハ長調作品10-1

    5. 5.練習曲第5番変ト長調作品10-5「黒鍵」

    6. 6.練習曲第9番ヘ短調作品10-9

    7. 7.練習曲第13番変イ長調作品25-1「エオリアン・ハープ」

    8. 8.練習曲第12番ハ短調作品10-12「革命」

    9. 9.練習曲第3番ホ長調作品10-3「別れの曲」

    10. 10.幻想ポロネーズ 変イ長調作品61

    11. 11.マズルカ 第13番イ短調作品17-4

    12. 12.ワルツ第9番変イ長調作品69-1「告別」

  • 配送に関する注意事項

※ただ今ご注文頂くと送料無料にてお届け致します。